ライフスタイル

中国出国入国カードの書き方

中国に初渡航する際に絶対に戸惑うであろう、空港で出入国時に書かなければいけない外国人出国カードと入国カード。これを書かなければもう絶対に入国できないにもかかわらず、中国語と英語でしか書かれていないので最初困ってしまいます。これの書き方を今回ここでご説明致します。

 

出入国カード

入国カードは出国の物と比べると横に大きく、記入量が多い。全く知らずに入国時にこれを書けと中国語で言われたとしたら、もうパニック間違い無し…!項目量が違うだけで、各項目出国時入国時で同じなので一つにまとめて紹介する。

書き方

○ 「姓名」
左に名字、右に名前を入れる。この際パスポートに記入されている英語の名前を記入すること。

○「国籍」
パスポートにある国籍を記入する。Japanese もしくは日本と漢字で書いても大丈夫だ。

○「パスポートナンバー」
パスポートに記載されているパスポートナンバーを間違い無く記入する。

○「中国滞在時の住所」
住所と書いてあるが、滞在するホテル名を記入するだけでも大丈夫である。

○「性別」
パスポートにある性別通りにチェックを入れる。

○「生年月日」
パスポートにある生年月日を書きましょう。ただパスポート上にある月は英語表記になっているが、これを数字に変える事を忘れないように。

○「ビザナンバー」
その時有効なビザ(クレジットカードではない方)を持っている方は、パスポート内にあるビザの詳細を見て、その番号を記入する。

○「ビザ申請地」
ビザを持つ方はそのビザを申請した場所の名前を「Japan 都道府県名(英語)」という形で書く。漢字で書いても大丈夫です。

○ 「フライトナンバー」
飛行機のチケットに書かれている、ついさっき乗った飛行機の便名を記入する。

○「入国の目的」
チェックを入れる形で沢山項目がある部分だ。英語と中国語しか書いてないので何がなんだか分からなくなる時の為に翻訳を載せます。
「Conference/Business 商用、会議」「Visit 訪問」「Sightseeing/inleisure 観光」「Visiting frends or relatives 友人か親族の訪問」「Employmen 就職」「Study 留学」「Return home 帰国」「Settle down 定住」「Others その他」
何を選んだら良いか分からないときは、無難に「Sightseeing/in leisure 観光」を選ぶ事を勧める。

 

これを書くタイミング 用紙の入手法

入国時、用紙は飛行機の便内で食事が終わったタイミングなどで配られる事が多い。これを逃してしまった場合は、空港内の入国審査時にぽつぽつと用紙が置いてあるので、これを取って記入する。だいたいその場にボールペンも置いてあるので、筆記具を忘れていた際にはそこで借りる事ができる。落ち着いて読める字で記入しよう。

         

関連記事

  1. 中国、2015年11月11日の取引額は921億元!
  2. それでいいの!?上海!
  3. 北京セブンイレブン昨年の赤字約2億円!?
  4. 今週日曜日は上海マラソンだ!
  5. 国慶節スタート!!
  6. 海外保険について
  7. 2016年の祝日が決まりました!
  8. 中国で日本の本を読む場合

新着記事

  1. 聯洋広場(浦東新区 / LAYA PLAZA)
  2. 親指広場(浦東新区 / 証大大拇指広場)
  3. 空港と市内を繋ぐリニアのチケットを買おう

おすすめ記事

人民元100元札の新札が登場!

10年ぶりに人民元が新しくなり、2015年版100元札が11月12日から発行されました。もう手にして…

インタビュー記事一覧

ライフスタイル記事一覧

グルメ記事一覧

  1. WK HAWAII CAFE

スクール・カルチャー記事一覧

リビング記事一覧

クリニック・ヘルス記事一覧

トラベル記事一覧

  1. 雲南旅行記8

イベント記事一覧

PAGE TOP