ライフスタイル

プラネックス、中国で日本のネットが使えるルーター

 プラネックスコミュニケーションズ株式会社は、世界中どこに居ても、日本国内のインターネット環境を使用することが出来る「どこでも日本 ホットラインサービス」を4月7日に発売する。親機と子機に二年間のサービスがセットになり、税別19,800円で販売される。三年目からのサービス継続料金は、税別で年間3,600円となっている。

 

子機は小型で持ち運びに困らない。

右が子機で小型。これなら持ち運びに困らないだろう。

 

VPN方式でなくP2P方式を用いて検閲を回避

 

 世界の国によっては、情報管理政策の違いによりインターネット接続に規制が入り、接続が不可能なサービスが存在する。例えば中国ではTwitterやFacebook、Googleなどの各種サービスに接続できない。これらを中国国内で利用したい場合、設定が複雑で高価なVPNサービスを利用せざるを得なかった。

 本製品は、日本国内にある自宅のインターネットに親機を接続しておき、海外渡航先で子機をインターネットに接続すれば、日本自宅に置いた親機と子機がP2P通信を自動で行ない、自宅を経由しながらインターネット通信をしてくれる。これにより、日本にいる時と同様のインターネット環境を得ることができる。
 つまり、手元のPC→子機→日本に置かれた親機→日本のインターネット、という接続を面倒な設定無しで構築してくれる。

 スマートフォンやパソコンから子機への接続は無線LAN (Wi-Fi) を用いる。また、独自の接続技術を用いて親機と子機の暗号化通信を行うため、安心して利用できるとしている。暗号化により国家による検閲の回避も期待できるだろう。

 因みにこの“ホットライン”機能はオン/オフが可能。国内旅行の際や、インターネット接続が制限されていない渡航先の場合、無線LAN親機として使用できる。この時、11n/g/b対応 ちびファイ3 MZK-DP150N同等品となり稼働する。

 子機サイズは約30(W)×45(H)×55(D)mm、重量は約55gとコンパクトかつ軽量。親機はEthernetポートを5基搭載。本体サイズは約115×32×175mm、重量は約224gとなる。

 

 

引用元URL

 

ニュースリリース
http://www.planex.co.jp/news/release/2016/20160329_mhc01.shtml

製品情報
http://www.planex.co.jp/products/mhc01/

         

関連記事

  1. タクシーアプリが使えなくなる?
  2. スターバックスカードの小技
  3. カップラーメンランキング
  4. 中国出国入国カードの書き方
  5. WeChat Pay 日本円で日本から送金ってできるの?
  6. 値引き交渉の難しさ
  7. 7月11日9時の台風衛生画像
  8. 2016年の祝日が決まりました!

新着記事

  1. 聯洋広場(浦東新区 / LAYA PLAZA)
  2. 親指広場(浦東新区 / 証大大拇指広場)
  3. 空港と市内を繋ぐリニアのチケットを買おう

おすすめ記事

人民元100元札の新札が登場!

10年ぶりに人民元が新しくなり、2015年版100元札が11月12日から発行されました。もう手にして…

インタビュー記事一覧

ライフスタイル記事一覧

グルメ記事一覧

  1. Saffron

スクール・カルチャー記事一覧

リビング記事一覧

クリニック・ヘルス記事一覧

トラベル記事一覧

イベント記事一覧

PAGE TOP