ライフスタイル

上海のショッピングモール 「グローバルハーバー」

20130913164916483

 

中国最大規模を誇る商業施設「グローバルハーバー」

 

商業施設といっても、いわゆるショッピングモールである。出来上がってから多少年月が経ったもので、上海に住むに人にとっては割と有名な所になっている。
最大というだけあって、とても充実した内容を誇っており、筆者も仕事だというのに中々楽しんでしまった。

まだ楽しんだことのない人も、もう行き尽くしている人も居るでしょう。
だがこのグローバルハーバーの概要から、中にあるおすすめの店舗まなど、自らの足で探し出したものをご紹介するので、ぜひ目を通していただきたい。

IMG_20160320_175631

 

現地へのアクセスは電車が便利 

 

この商業施設、何が良いかって、まずアクセスが物凄くしやすい。
地下鉄の場合、3,4,13号線の金沙江路駅がとても近い。3号線や4号線の駅出入口前に門があったり、13号線にいたっては直通の改札口が用意されている。

3、4号線の2号出入り口。これを出ればすぐの場所。

3、4号線の2号出入り口。これを出ればすぐの場所。

IMG_20160320_175725

2号出入口を出た所の景色。入口が見える。

間違えて反対側から駅を出た所。見て通り明らかに違う雰囲気をしている。

間違えて反対側から駅を出た所。見ての通り明らかに違う雰囲気をしている。

ああ

また13号線からの直通改札口。

グローバルハーバー側から見た所。

それをグローバルハーバー側から見た所。

3,4号線直通の出入り口はまだ建設途中の模様。

3,4号線直通の出入り口はまだ建設途中の模様。

 

駐車場も完備されている。またこれも洒落た外見である。

駐車場入口。建物に対しての違和感がない風貌で感嘆させられた。

駐車場入口。また建物に対しての違和感がない風貌で、このデザインには感嘆させられた。

交差点の名前。タクシーで向かう場合この画像を見せれば着きます。

交差点の名前。タクシーで向かう場合、この画像を見せれば現地へ送ってくれる。

 

現代的ながらも中世なヨーロッパを感じさせる外見 

 

商業と旅と文化の融合、というコンセプトの元に作られており、中心にそびえ立つビルにはホテルが内包されている。
また、オフィスビルやマンションの機能も有している。
ターミナル駅近くのこの地で住む、働くだなんてライフスタイルも中々良いものかと。

20130628103250580

「商業と旅と文化」 この建物一つで全てを賄える所を、孤島として描くことにより表現をしているのだろうか。

奥に見える二棟のビルにホテルやオフィスなどが用意されている。

奥に見える二棟のビルにホテルやオフィスなどが用意されている。

 

 

クリック or タップで拡大

IMG_20160320_180251IMG_20160320_181842_HDRかくどIMG_20160320_181708_HDRかくど IMG_20160320_181152_HDR

 

IMG_20160320_180542

 

 

筆者自らが体験したおすすめの店!

 


 

万延元年(1860年)から続く歴史を持つ「辻利」の抹茶が頂けるお店。
京都宇治の抹茶を用いた抹茶から抹茶スイーツ等、京の味を楽しめる。抹茶が好きな方にはぜひ足を延ばしていただきたい。
地下一階にあり、個人的には抹茶パフェがおすすめ。

 

IMG_20160320_190732_HDR

 

こちらは地下二階にある、チョコレートを主軸に置いたカフェ。
チョコを使った甘い洋菓子がたくさん用意されている。トリュフなどのチョコレートそのものも置いてあり、通っても暫く飽きが来ないかも?
中でもチョコレートミルクレープが筆者のおすすめ。上海にある甘味では珍しく、甘さ控えめのものになっていて、食べていてフォークが進みます。
そして何より、一つ一つのサイズがすごい。一皿に乗るミルクレープが普通の二倍はあろうかという大きさ。カットの横幅も、高さも素晴らしく、見た瞬間のド迫力は忘れられません。食べていて途中で辛くなる人も居ると思うので、ドリンクは必需ですかと!

 

IMG_20160320_191556_HDR

 

こちら、地下一階にあるナチュラルな感じの雑貨屋さん。ウィンドウショッピングを目的に来ていたなら、絶対立ち寄りたいスポット!
かわいさを求めに行ってもよし、実用的なものを探しに行ってもよし。足を踏み入れて後悔はないかと!

 

何かの贈り物にGODIVAなんていかが?

何かの贈り物にGODIVAなんていかが?

おいしいアイスクリームだっていただけますよ。

おいしいアイスクリームだっていただけますよ。

 

実際に自分が行ってみて 

 

とても一日では回りきれない敷地の広さに隙間なく敷き詰められたお店、入った瞬間からこの綺羅びやかさに驚かされた。
充実した遊びどころで、たとえ毎日行っても飽きることはないでしょう。
実際昼から夜まで中を練り歩いても全体の半分さえ把握できてない。
その上さらに、気付いたら閉館時間になってしまい心残りを感じるほどだった。
今日一日やることが無い休日になってしまった時などは、一度赴いてみてはどうでしょう?

         

関連記事

  1. 中国上海で台風9号の影響により高速鉄道が運転見合わせ
  2. 電動バイクについて
  3. 上海の地下鉄に無料wifiが?!
  4. 日清ラ王のラベルが・・・!?
  5. 中国の三大携帯電話会社がパケットのくりこしサービスを開始!
  6. アウトレット食品市場
  7. 家の鍵はちゃんとしめてますか?
  8. 中国(上海)での留学費用ってどれくらいかかるの??

新着記事

  1. 1/30000の確率で生まれた三毛猫のオス。ラッキー
  2. 聯洋広場(浦東新区 / LAYA PLAZA)
  3. 親指広場(浦東新区 / 証大大拇指広場)

おすすめ記事

人民元100元札の新札が登場!

10年ぶりに人民元が新しくなり、2015年版100元札が11月12日から発行されました。もう手にして…

インタビュー記事一覧

ライフスタイル記事一覧

グルメ記事一覧

スクール・カルチャー記事一覧

リビング記事一覧

クリニック・ヘルス記事一覧

トラベル記事一覧

イベント記事一覧

PAGE TOP