ライフスタイル

上海スタイル初! 神田明神へ海外出張レポート!

神田明神といえば商売繁盛の御利益が知られる。そこで私達も上海スタイルの発展を祈願しに神田明神へと足を運んでみることにした。

 

いざ神田明神へ!

 

 

神田明神、正式名称は神田神社と言うそうだ。御祭神は三柱、だいこく様・えびす様・まさかど様がおられる。 東京都心108町会の総氏神様で、神田・日本橋・秋葉原・大手丸の内、そして東京の食を支える市場の発祥地の氏神様として、青果市場・魚市場の人々からもあつく崇敬されている。縁結び、商売繁昌、社運隆昌、除災厄除、病気平癒など数多くのご神徳をお持ちの神々である。 神田神社は天平二年、西暦で730年のご創建で、江戸東京の中で最も歴史のある神社のひとつだそうだ。はじめは現在の千代田区大手町・將門塚周辺に鎮座していたが、徳川家康公が江戸に幕府を開き江戸城が拡張されたとき、江戸城から表鬼門にあたる現在の地へ遷座された。それ以降、江戸時代を通じて「江戸総鎮守」として幕府から江戸庶民にいたるまで多くの人々の崇敬を受けた。さらに、明治に入り、準勅祭社・東京府社に列格し皇居・東京の守護神と仰がれ、明治天皇も親しくご参拝になられた。

 

P8154606

 

境内には、日本初の本格的な鉄骨鉄筋コンクリート・総漆朱塗造の御社殿や、総檜造の隨神門、神札授与所参拝者待合室・休憩所を兼ねた鳳凰殿、明神会館・資料館・石造日本一の大きさを誇るだいこく様尊像・えびす様尊像・江戸国学発祥の地碑・銭形平次の碑などがある。縁結びのご神徳から神前結婚式も多く行われている。

 

P8154571

 

当社の祭札・神田祭は二年に一度執り行われ、江戸時代には江戸城内には入り徳川将軍が上覧したため、御用祭とも天下祭ともよばれた。また日本三大祭、江戸三大祭のひとつにも数えられている。現在は鳳輦・神輿をはじめとする江戸時代さながらの祭礼行列が、神田・日本橋・秋葉原・大手丸の内の広大な氏子108町会を巡行する「神幸祭』と、氏子の街神輿約200基が街を練り歩き、神社へ迫力のある宮入をする「神輿宮入」を中心に賑やかに行われている。

 

P8154612 P8154603 P8154625P8154616

 
 

上海で事業をなされている方も駐在員の方も、業績が上がるようにと是非一度ご参拝なされてみてはいかがでしょうか。

         

関連記事

  1. それでいいの!?上海!
  2. 上海よ!梅雨明けだ。
  3. 中国に入国してから臨時宿泊届を出しましたか?
  4. 団体割引を利用してみよう「拉手网」~食事編~
  5. 親指広場(浦東新区 / 証大大拇指広場)
  6. Onda oBOOK 11 実機購入レポート
  7. 2015年上海マラソン前日と当日
  8. 知ってますか?外卖サービス

新着記事

  1. 聯洋広場(浦東新区 / LAYA PLAZA)
  2. 親指広場(浦東新区 / 証大大拇指広場)
  3. 空港と市内を繋ぐリニアのチケットを買おう

おすすめ記事

人民元100元札の新札が登場!

10年ぶりに人民元が新しくなり、2015年版100元札が11月12日から発行されました。もう手にして…

インタビュー記事一覧

ライフスタイル記事一覧

グルメ記事一覧

スクール・カルチャー記事一覧

リビング記事一覧

クリニック・ヘルス記事一覧

トラベル記事一覧

イベント記事一覧

PAGE TOP