ライフスタイル

WeChat Pay 日本円で日本から送金ってできるの?

最近Apple Payの登場で話題であるが、それよりも早く日本でも普及し始めてようとしているペイメントサービスがある。ご存知の方は居るだろうか「WeChat Pay」の存在を。実際に家電量販店やドラッグストアなど、大手小売店では普及が進んでおり、元々中国独自のサービスであったが、今世界へと広がろうとしている。

このWeChat Payとは、簡単に言うとLINE Payの様な物だ。元々SNS & メッセンジャーアプリであるWeChatで送金、支払いができる、といったもの。指定の画面を見せて店員さんにバーコードを読み取ってもらうだけで支払いができ、これが使ってみると案外使い勝手がよろしい。

 

WeChat Payの機能は支払いだけじゃない

WeChat Payにはもう一つの目玉機能がある。他の人への送金機能だ。
さてこの記事の主題である、日本から上海の人間へ日本円で送金ができるかといった話であるが、結論から言うと可能ではある。ただしとても面倒であり、更に言うとかなり無意味である。
まず最初の壁がペイメントに紐付ける銀行口座の問題だ。調べてみた所、日本の銀行が発行している銀聯カードでは登録ができないようだ。なので中国のWeChat Payが対応する銀行から発行された銀聯カードが必要となる。
ここまでは普通であるが、問題は「日本円を使い送金」することだ。これは大手銀行が行っている海外送金サービスを用いよう。これで日本の口座から上海の口座へ送金をする。この際中国元へ換金されてしまうが、そこは諦めよう。
これで中国の口座にお金を入れる事ができた。後はWeChat Payの「紅包」機能で送りたい人へお金を送るだけだ。

 

少々荒い方法だが送金はできる

日本円をそのまま日本円として送金する事はついぞかなわなかった。だが屁理屈臭い言い方ではあるが、「日本円を用いて送金」をする事はできた。申し訳ないが細かい事には目を瞑って頂こう。さて、この手法の無意味さであるが、海外の口座に送金する手だてがあるならWeChat Payを介さずに直接送り先の人間の持つ口座へ送金すれば良い、という話である。相手もWeChat Payを使っている以上絶対にアクティブな銀行口座を最低一つは持っている訳であり、この行為、ひたすらに無意味である。
この記事「あぁ、確かにそんな手法も存在するか」という様な形で読んで頂けたなら幸いである。

         

関連記事

  1. 団体割引を利用してみよう「拉手网」~食事編~
  2. タクシーアプリが使えなくなる?
  3. Onda oBOOK 11 実機購入レポート
  4. we chatの様々な機能紹介 ~お財布携帯~
  5. 长泰国际广场
  6. Xiaomiからあのセグウェイが発売!?
  7. 上海で便利な通販の方法~マクドナルド編~
  8. 宝くじに挑戦!

新着記事

  1. 聯洋広場(浦東新区 / LAYA PLAZA)
  2. 親指広場(浦東新区 / 証大大拇指広場)
  3. 空港と市内を繋ぐリニアのチケットを買おう

おすすめ記事

人民元100元札の新札が登場!

10年ぶりに人民元が新しくなり、2015年版100元札が11月12日から発行されました。もう手にして…

インタビュー記事一覧

ライフスタイル記事一覧

グルメ記事一覧

スクール・カルチャー記事一覧

リビング記事一覧

クリニック・ヘルス記事一覧

トラベル記事一覧

イベント記事一覧

PAGE TOP