ライフスタイル

iPhone6およびiPhone6 plusは中国で使えるか。

2014年9月19日に日本ではiPhone6およびiPhone6 plusの発売がありました。

appleストアや販売店の前には、恒例となった大行列ができた。しかし今年は例年とかなり様子が違う。なぜなら日本人に混ざって中国人の姿が多く、割り込みなどのトラブルが発生!その原因が、どうやら中国国内でiPhone6の販売が未定だから、appleでは9月19日の一次発売国と、26日の2次発売国から中国と韓国が除かれ年内の発売はないのでは?ということで、日本に中国の転売を目的にしたバイヤーが集まったようだ。しかしこれまでは、日本で発売日当日に販売されてきたiPhoneは、日本のキャリア(docomo,au,softbankなど)が、他のキャリアが使えないようにSIMロックをしたものしか出さなかったため、大きな混乱などは起こらなかった。しかし今回appleストアなどでは、発売日当日からSIMフリーのiPhone6およびiPhone6 plusを発売した事から、中国本土よりiPhone買い出しツアーが組まれたという話まで出る始末。

では今回のiPhone6およびiPhone6 plusが中国国内の通信会社のSIMカードを差して使えるのだろうか。執筆時点(9月20日)ではNoである。といってもこれはまだ、当局からの販売許可が下りていないという事で法律上のNoである。

でも、実際は中国の通信キャリアのnanoSIMカードを差し込むと問題なく通信できるらしい。

しかし、iPhoneにも、周波数帯や通信方式においてそれぞれモデルがあり、通信キャリアの仕様にあわせた型番のiPhone6を購入しないと通信できない。

そこで中国国内の各種キャリアの使っている通信方式でiPhone6がどの型番に対応しているかを調べてみた。
まず日本ではA1586,A1524が日本版SIMフリー端末で日本国内向けの販売モデル。

では中国ではどのモデルかを整理すると

●中国移動
iPhone6 :A1589
iPhone6 plus :A1593
●中国電信
iPhone6 :A1586
iPhone6 plus :A1524
●中国聯通
iPhone6 :A1586
iPhone6 plus :A1524

という事は、日本国内で手に入るモデルは、中国電信と中国聯通のみで、中国移動はNGという事に。

※なお注意いただきたいのは、上記対応モデルは、あくまで通信キャリアの使っている通信方式から割り出した物で、本当に使えるかは自己責任でお願いします。

 

※追記

9月30日に中国工業情報省(MIIT)から接続許可が下りた為、中国国内で10月17日から発売開始。本体価格は5288元(約9万4000円)から。

         

関連記事

  1. 中国電信の電波方式の紹介
  2. 中国聯合通信の通信方式
  3. 金橋近くの動物病院にインタビュー!
  4. 上海の梅雨入りが発表!
  5. 中国で日本の本を読む場合
  6. 上海では、お馴染みのデパートチェーン! 
  7. 上海一の歴史を誇る。上海最大の食品専門デパート!
  8. 上海で便利な通販の方法~マクドナルド編~

新着記事

  1. 1/30000の確率で生まれた三毛猫のオス。ラッキー
  2. 聯洋広場(浦東新区 / LAYA PLAZA)
  3. 親指広場(浦東新区 / 証大大拇指広場)

おすすめ記事

人民元100元札の新札が登場!

10年ぶりに人民元が新しくなり、2015年版100元札が11月12日から発行されました。もう手にして…

インタビュー記事一覧

ライフスタイル記事一覧

グルメ記事一覧

スクール・カルチャー記事一覧

リビング記事一覧

クリニック・ヘルス記事一覧

トラベル記事一覧

イベント記事一覧

  1. SHANGHAI ROSE

PAGE TOP