上海市内で爆竹禁止!

2016年1月1日から《上海市烟花爆竹安全管理条例》が実施されました。
今後上海の一部地域では、爆竹等を使用することができなくなります。
違反行為をした場合最高で500元の罰金が科せられる。

《上海市烟花爆竹安全管理条例》とは?
2016年1月1日から上海市の外环高架より内側にて爆竹等を使用することが禁止されました。
上海市の外环高架の外側でも、公共機関付近や文化保存機関等の場所での使用も禁止されました。

さらに、空気指数が重度の汚染になった場合は、上海市全域で使用が禁止されます。
違反行為には罰金が科せられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る